夫婦は自分で新しい結婚指輪を作った

結婚について多くの世論を挙げることもできます

こうした意見を聞いてみて、私自身も、「女性は男問題となる現象
「ウソの許容性」
に関する価値観のズレに関しては、様々な現象がありますが、恋人候補からの除外認定の要因として圧倒的に多かった現象は、次の現象です。
恋活男性が、後の男性の話や行動を観察した結果、恋活女性に対し、自分のことをアピールしようとして、ついつい、自分のプロフィールや能力を、偽った又は誇張した内容で、恋活女性に伝えてしまった。
恋活女性は、その「男性から伝えられたプロフィールや能力の内容は真実ではない可能性が高い」
と判断した。
いかがでしょうか?
婚活できる可能性がガクンと下がってしまうのが現実です近年

結婚相談所側とトラブルにならないよう

「本当のことを言うと、うまくいかなくなるから、偽って伝えておこう」、「多少は誇張しているけど、真っ赤なウソではない」
このような恋活男性の行動は、特に恋活女性に対する好き度が高い場合には、この恋活女性に良く思われたいがために、ついつい取ってしまいがちな行動であると思います。
ここで、恋活女性は、「恋活男性のプロフィールや能力について、どんな些細なものであっても、偽ることや誇張することを絶対に許さない。」のように厳格に考えている訳ではありません。
ただ、「恋活男性のプロフィールや能力」の中には、ほとんどの恋活女性が共通に「偽ることや誇張することを許さない」と考えているものがあります。

 

婚活したくなる女性とは

こうしたもののうち、「男性が偽りや誇張をしがち」であり、かつ、恋活女性から真実でないことを察知され易く、恋活女性による察知が恋人候補からの除外認定に直結するもの」の一例を次の表3に列挙してみました。
恋人候補の判断に用いられる理由先の表3に例示したものは、いずれも、「偽りや誇張の内容が、一般的に、女性が、男性の付加価値として認め易く、男性に対するハードルを下げるような内容であり、かつ、ハードルを下げるため以外に偽りや誇張をする理由が無いもの」です。
恋活を喜ばせることを選択し
恋活を考えてみてください

婚活をマラソンレースと見なしているようです

このような内容について偽りや誇張をされていたことを恋活女性が知った時には、「この男性は、私の心を自分に向けるために、私を騙した→卑怯、卑屈、不誠実」と感じ、故に、恋人候補から即刻除外するのです。
恋人候補残留水準がハードルを下げる事についてはでって下さい30歳以上の恋活女性は、相手の恋活男性に騙されないことに関しては、とても過敏です。このため、恋活女性は、自身のハードルを下げるような事柄について相手の恋活男性から説明を受けた際、表向きには説明内容を信じてハードルを下げるものの、内心ではハードルを下げることを保留し、その後の男性の言動や行動を観察して説明内容に矛盾が無いか等をチェックし続けていきます。

離婚の準備をしているあるいは

恋活女性は、こうしたチェックの結果、「ウソの可能性が高い」と推定すれば、ウソであるかどうかを恋活男性に確かめることなく去っていってしまいますので、取り返しのつかない事態にならないように、ご注意下さい。
■実行メニュー30歳以上の男性で、他人にウソを率先してつくような方は、ほとんどいないと思います。よって、日々実行すべきトレーニングとしてご紹介するものは、特にありません。
結婚における聖書の約束です

結婚相談所に登録されていた


「男性は、好みの女性の前では、自分の価値を高く見せようとして、ついつい誇張しがちである。しかし、その誇張は、後に女性に見透かされるものである。」
女性との出会いの際には、この言葉を思い出して頂ければ十分だと思います。
それよりも、前編を含む本章において、これまでに「ネガティブ要因」として列挙した他の10個の要素、これから「どこにでもいる要因」として列挙していく9個の要素をクリアして頂くことをお勧めします。

Tagged as: ,