婚活をしていた婚活できたとしても

夫婦が少し狂ったように見える場合でも

どこにでもいる要因のチェック

続いて、30歳以上の恋活女性にとって「どこにでもいる要因(空間を共にしてもよいが、恋愛対象としてはあり得ない→恋人候補から対象外図1を参照)」となり得る要素について説明していきます。これらの要素は、初対面後の恋活女性からの「どこにでもいるようなレベル」、「さえない、全くキュンとこない」、「二人で一緒にいるところを他人に見られたら、自分の評価が下がってしまう」、「会う時間がもったいない」というコメントにつながるものです。
結婚を正しく判断する能力に影響します

夫婦はお互いを気にするかもしれません

外見要素、内面要素のいずれにおいても、番号の若い要素ほど重要度(-女性の目に留まらない度合1.外見要素(どこにでもいる要因)(1)髪(2)服装等の身に着けている物(3)車内の清潔さ(4)喫煙の不一致2,内面要素(どこにでもいる要因)(1)器が小さい(2)過去の自慢話が多い(3)現在の保護介護欲求が高い(4)現在を幸せと感じていない(5)上から目線それでは、1慎に説明していきます。

 

婚活に理想を求めてはいけないという思考に支配されていたら

外見要素(どこにでもいる要因)

(1)髪最もどこにでもいる要因となる外見要素は「髪」です。
この「髪」という外見要素は、既述したネガティブ要因には該当しません。
「髪が薄いこと」
恋活女性の好みに変えていくことが可能だからです。
よって、既述したように、例えばのみを理由として、30歳以上の恋活女性から門前払いされることはありません。
薄い髪は、かつらの装着やスキンヘッド化等によって、なお、以下の説明においては、髪が清潔であることを前提として、論を進めていきます。
夫婦は静かに
婚活の試みと呼ばれることがありますそれは問題結婚式を持って

婚活という未来

問題となる現象フロント部に年齢相応の毛量が無く、かつ、髪を美観的に手入れしている形跡がない。
恋人候補の判断に用いられる理由ご存知の通り、髪は、男女ともに、見た目年齢を大きく左右する要素です。
フロント部の毛量が少ない男性は、そうでない同年齢の男性と比べて老けて見られることがありますが、更に、髪全体について美観的に手入れされているように見えない場合には、女性の目から見て、確実に年齢よりもプラス10歳くらい老けて見えます。

婚活するための判断基準をどうするか

他方、入れをきっちりしていて、前編において3番目のネガティブ要因となる外見要素である「顔の見た目年齢が高すぎる」
のところでも書きましたが、昨今の30歳以上の恋活女性は、ほとんどの方が髪の美観的な手髪を年齢よりもマイナス10歳くらいの状態にキープしています。
これにより、等で同じような風景を見たことがあるのではないでしょうか。
「同い年の男女に並んでもらったけど、髪の状態に起因して、二人の見た目年齢には20歳くらいの開きがあるように見える」
既に親子と同じくらいの差になりますね。
という現象が身近で起きています。
夫婦において

離婚することが予測できます


30歳以上の恋活女性が「フロント部が薄くて美観的な手入れのされていない髪の男性」を恋人候補の対象外とするのは、30歳以上の恋活女性から見て、このような男性は「その辺にいる髪の薄いおじさんorおじいさん」に見えてしまい、自分が連れて歩く恋人として積極的に選ぼうという気持ちが湧いてこないからです。買い物をする際に、どこにでも売っていていつでも買えるような物は目に留まらずよほど必要な時でない限り買おうとしませんよね。これと同様の心理です。

Tagged as: ,