結婚問題を解決してください

婚活してよかったこの人と婚活後は愛が冷めていくのでは

婚活婚活という
大半の恋活女性は、「自分が恋愛感情的な好意を抱いている男性の下ネタはだけど、そうでない男性の下ネタについては、“あなたとはそういう性的なことを想像することが全くできないにも拘わらず、下ネタによって強制的に想像させられてしまっている感覚に陥る”ので、極めて不快である。」という価値基準を持っています。そして、下ネタのキツさの許容範囲は、相手に抱いている恋愛感情的な好意の度合いに比例します。
よって、初対面では、恋活女性は、相手の恋活男性に対する恋愛感情的な好意を未だ抱いていないことが多いので、もちろん、下ネタの内容にもよりますが。
恋活男性からの下ネタを不快に感じる可能性が高いということになります。
婚活したいって思うのは

結婚を破壊することができます

特に、これまでに恋愛に関して問題意識や上昇志向をあまり持ってこなかった恋活女性の場合には、30歳以上の女性であるものの、軽い内容の下ネタにも全く慣れていない女性や、「下ネタは、結婚目的なら使ってもいいけど、恋愛目的の場合には綺麗なイメージを壊してしまうので使うべきではない」というロマンチックな意見を持つ女性が意外と多いです(推定値:30歳以上の恋活女性全体の10%程度)。このような女性に対する初対面での下ネタは、その内容の如何を問わず、即座に恋人候補から除外されてしまいますので、注意が必要です。
読者の皆様が下ネタを頻繁に使う方である場合には、「オトナの男と女の出会いの場では、もう子供じゃないんだから、下ネタをオープン感覚で展開し、お互いの下ネタに呼応し合うのが当然でしょう。」

 

離婚の危機を訴えてきました

と考えられるかもしれません。しかし、以上に説明した通り、そのような考えを受け入れる30歳以上の恋活女性は、現在の恋愛市場では極稀で少数であることを認識しておいてください。確かに、従来の男性上位の社会では、こうした男性のペースでの下ネタを受け入れるべきという考え方は、女性による下位者としての受忍によって正当なものであるとみなされていたかもしれません。しかしながら、現在の恋愛市場においては、こうした考え方は的外れであり、仮に固持すれば、時代錯誤者として、30歳以上の恋活女性の恋人候補から積極的に除外されてしまいますので。
さて、このように「恋活女性は、恋活男性の下ネタを、絶対的かつ永久に禁止している訳ではない。」
婚活することがゴールではなく

離婚は子供に害を及ぼすものではありませんが
という前提において、恋活女性とのファーストコンタクトである初対面の場面では、ような内容の下ネタが恋人候補に残るためのネガティブ要因となるのか?このことについて、以下に説明を進めていきたいと思います。
どの問題となる現象下品又は欲望丸出しと感じられる内容の下ネタを、この現象において、注意すべき点が2つあります。
不快感を示してもなお話し続けている。
まず1つ目は、「下品又は欲望丸出し」と感じるのは、相手の恋活女性であるということです。即ち、話す側の恋活男性が「下品又は欲望丸出し」とは思っていなくても、受け手側の恋活女性がそのように感じればアウトである、ということです。

 

結婚カウンセリングを求めるカップルを見てください

30歳以上の恋活女性にとって、初対面の恋活男性は、仕事等のパブリックモードで会う人よりは身近には感じているものの、現時点では「どこの馬の骨だかわからない外様」として扱い、ブライベート領域には未だ完全に入れていません。また、30歳以上の恋活女性は、初対面の場において、恋活男性と比べてはるかに冷静であり、相手の男性に対する先入観をほとんど抱くことなく、目の前に映るものや目の前で起きていることを、自身の常識で静かにジャッジしていきます。
このため、恋活女性は、初対面の場で恋活男性から放たれた下ネタによって相当の不快感を抱いたとしても、か「呆れた笑みで、スルーして流す」のどちらかの振る舞いをするものです。

婚活相手に対して自分なりの要望や条件


恋愛感情的な好意を抱いている状態での発言ならOK.恋愛感情的な好意を抱いていない状態(例えば、友達的な好意しか抱いていない状態)での発言なら、嫌悪を抱いている状態での発言なら、完全に恋人候補から除外不快感を抱き、嫌悪に傾く。
これらのことから、下ネタで恋活女性の支持を得るためには、女性の価値観や心理状態を察した上での非常に高度な使い分けが求められることがわかりますね。
次に、2つ目の注意点は、「恋活女性が不快感をどのように示すかは、恋活女性ごとの表現手法による」
ということです。
はっきりと言葉で下ネタはやめて」
と言ってもらえればいいのですが···初対面でそのように言ってくれる恋活女性はごく稀です。
婚活することがゴールではなく

Tagged as: , ,